ネイルに関する情報が満載!

ジェルオフでやって良いこと悪いこと

ネイルサロンでジェルネイルをやってもらう方の他、自分自身でジェルネイルを楽しむ方も増えてきています。
従来のエナメルよりも長持ちするとは言え、ジェルは硬化させてから約3週間程経ってくると徐々に剥げてきますし、自爪も伸びてきて当初のデザインとは違ってきます。
またこういった物理的原因だけでなく、そもそもオフして新しいデザインに挑戦したいという方もいらっしゃると思いますが、ジェルオフはどのようにされていますか? ジェルオフはそもそも爪に負担をかけてしまうものですが、1番やってはいけないことは「無理やり剥がすこと」です。
時間が経つとジェルが浮いてくるので一見剥がしやすそうに見えますが、これはジェルと一緒に自分の爪の1番上の部分まで剥がしてしまう行為でもあります。
自爪の一部が白くなってしまったり、次にネイルをするときにしみることもあるのでどれだけ時間が無くてもやらないようにしましょう。
爪やすりなどで削っていくこともあまりお勧めではありません。
しかしジェルオフは正しい方法で行えば、爪にそれほど負担をかけずにやることも可能です。
やり方やかかる時間はどのジェルリムーバーを使うかによって変わりますが、必ずその商品の説明を読んで正しく使うようにしましょう。
ジェルオフまでがネイルアートです。
正しいやり方で美しく健康な爪を手に入れてよりネイルを楽しみましょう。

ジェルオフのポイント

ジェルオフをする時は、一番最初に行いジェルをファイルで削る工程を注意します。
ジェルオフ用のファイルは表面に凹凸ができるだけ多い物を選びます。
これによって早く削ることができますが、表面がさらさらだったりツルッとしたタイプは、完璧に削るまで時間がかかります。
何度もゴシゴシ爪をこするので、ネイリストが行うジェルオフとしてお客は満足できません。
摩擦熱が生じるため、爪が熱くなったり目の細かいファイルの削りカスが爪の間に入ったりします。
凹凸のあるファイルはグリッド数が小さく表示されています。
80グリッドや100グリッド辺りが目がほどよく荒いです。
またジェルリムーバーは、温度が高いと効果が薄くなります。
甘皮の方は体温によってジェルが浮きますが、爪の先端はリムーバーを使っても残りがちです。
そこで削りすぎに注意しながら、先端を重点的に削ってジェルを少し薄くします。
さらにストーンを乗せていると、ジェルリムーバーが浸透しにくいです。
その場合はまずジェルオフで削って、ジェルリムーバーを付けます。
そしてしばらく放置すると、すんなりとジェルが落ちます。
もしストーンを乗せていない爪があれば、放置している時間に作業を進めると効率が良いです。

check

自分に合ったパーソナルトレーニングを名古屋で見つけよう

パーソナルトレーニングを名古屋で体験

話題のスピルリナについて徹底解説!

スピルリナ サプリ 比較

2018/4/13 更新

Copyright c 2015 次のネイルに変身. All Rights Reserved.